1994

第37回(1994年度) GRAMMY AWARD
最優秀レコード 「オール・アイ・ウォナ・ドウ/シェリル・クロウ」
最優秀アルバム 「アンプラグド/トニー・ベネット」 
最優秀楽曲 「ストリーツ・オブ・フィラデルフィア/ブルース・スプリングスティーン」
最優秀新人 「シェリル・クロウ」
対(TSUI)
The Division Bell/Pink Floyd
 デヴィッド・ギルモア、ニック・メイソン、リチャード・ライト。結成30年を迎えたピンク・フロイドの94年の作品、ロジャー・ウォータースが脱退し、ギルモアが中心となって制作された「欝 3位」から6年半ぶりリリース、94年4月23日に初登場1位でチャート・インし4週間キープ。インパクトの強い作品はこれと言って無いが相変わらずフロイド・ワールドを聴く事が出来ます。
 また、このアルバム発表に伴う5年ぶりのワールド・ツアーも好評を博した。
1994年4月23日 4週間
300万枚(1999年認定)
対(TSUI)
Not A Moment To Soon
Not A Moment To Soon/Tim McGraw
 ルイジアナ出身のカントリー・シンガー。父親はメジャー・リーグのピッチャー。93年「Tim McGraw」でデビューするが目立った成功は収められずに終わる。
 「Indian Outlaw 15位(エンディングで『嘆きのインディアン 1位』を聴く事が出来る)」などのヒットがきっかけで「ノット・モーメント・トゥー・スーン」が見事ナンバー1に、軽いタッチのカントリー・サウンドと彼の甘い歌声で歌うバラードが素晴らしい。その後の彼は数多くのヒットを放つ事となる。
 ちなみに、奥さんはあの有名な歌姫フェイス・ヒル。(夫婦でナンバー1アルバムを放って凄いネ)
1994年5月21日 2週間
500万枚(1997年認定)
Not A Moment To Soon
ザ・クロウ〜飛翔伝説〜
The Crow/Soundtrack
 コミック作家ジェームス・オバーの作品の映画化。主演は今は亡きブルース・リーの息子のブランドン・リー。しかし、撮影中の使用した銃から発射された実弾で謎の死を遂げる事となる。皮肉にもそんな話題も手伝って公開とともに興行は大成功。サントラの主な参加アーティストは当時人気があったナイン・インチ・ネイルズ、ストーン・テンプル・パイロッツ、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンなどといった豪華なラインアップで見事ナンバー1に輝きました。 
1994年6月4日 1週間
300万枚(1997年認定)
ザ・クロウ〜飛翔伝説〜
Ill Communication
Ill Communication/Beastie Boys
 メンバーはマイクD(ドラム)、アドロック(ギター)、MCA(ベース)の3人組、元々はハードコア・パンク・バンドだけに楽器をプレイし他のストリート・ラッバーとは異なる所が素晴らしい。70年代のウォーを彷彿させるインストの「サブローサ」や「ハート・アタック・マン」の様なジャズをベースしたサウンドを織り交ぜながら彼らならではのラップを聴かせ、ギャング・スター系やバッド・ボーイズ系とは違ったサウンドを聴く事が出来ます。彼らのインスト(演奏)だけをチョイスして聴いても十分楽しめて捨てがたい作品です。(ちょっと真剣に聴いてしまいました)
 ライナーにて新たな発見はビズ・マーキー「ジャスト・ア・フレンド 9位」が参加しているんですネ。また、日本盤のみボーナス・トラック4曲収録。
1994年6月18日 1週間
300万枚(1998年認定)
Ill Communication
Purple
Purple/Stone Temple Pilots
 92年の大ヒット作「コア 3位」に続く2作目のアルバム。94年6月25日に初登場で1位に輝く。当時のオルタナティヴ・シーンを代表しボーカルのスコット・ウェイランドを中心とした4人組バンド。「アングルード」、「ミートブロウ」といったヘビーなサウンドや「インターステイト・ラブ・ソング」、「ビック・エンプティ」などのメロディアスな作品と全体的によく出来ていて聴きやすい。70年代の超有名バンドにサウンド面でとても似ているが当然彼らも影響されたに違いない。
 
 彼らの主な代表作
「Core 3位(93年)」、「Tiny Music...Song From The Vatican Giftshop 4位(96年)」、「No.4 6位(99年)」、「Shangri-La Dee Da 9位(2001年)」 
1994年6月25日 3週間 
600万枚(2001年認定)
 
Purple
The Lion King
The Lion King/Soundtrack、Walt Disney
 ディズニー長編アニメ映画32作目の「ライオン・キング」。エルトン・ジョンの2曲のシングル・ヒットを含むサウンドトラックです。92年の「美女と野獣」と93年の「アラジン」に続き、この頃のディズニー作品の出来の良さははもちろんの事、楽曲の素晴らしさは目を見張るものがあります。
 小学地代に見た手塚治虫氏の「ジャングル大帝」とダブって少し違和感がありますが、これはこれでなかなか良い作品です。(マニアックなお話を、ナイナイの岡村君は凄かったナ〜)
 
 この時期の他の作品を紹介
トップ10・シングル
「Beauty And The Beast/Celine Dion & Peabo Bryson  9位(92年)」 「美女と野獣」より
「A Whole New World/Perbo Bryson & Regina Belle 1位(93年)」 「アラジン」より
「Colors Of The Wind/Vanessa Williams 4位(95年)」「ポカホンタス」より  
トップ10・アルバム
「Aladdin 3位(93年)」
「Pocahontas 1位(95年)」
1994年7月16日 10週間
TOP10ソング
「Can You Feel The Love Tonight/Elton John」 4位
1000万枚(1995年認定)
The Lion King
U
U/Boyz U Men
 ベル・ビヴ・デヴォー(ニュー・エディション)のマイケル・ビヴィンスに見出されてデビューしたフィラデルフィア出身の4人組コーラス・グループ。91年のデビュー・アルバム「クーリーハイハーモニー 3位」、翌年の映画「ブーメラン 4位」からシングル・カットした「エンド・オブ・ザ・ロード」が13週連続ナンバー1に輝き一躍トップ・スターの仲間入り。
 本作品は94年9月、初登場で1位に輝いた彼らのセカンド・アルバムです。
1994年9月17日 5週間
TOP10ソング
「'll Make Love To You」 1位
「On Bended Knee」 1位
「Water Runs Dry」 2位  
1200万枚(1996年認定)
U

BACK INDEX NEXT
ホーム 64-69 1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977
1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987
1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997
1998 1999 2000 プロフィール Links What's New 掲示板 別館

Last updated: 2004/5/9