1993

第36回(1993年度) GRAMMY AWARD
最優秀レコード 「オールウェイズ・ラブ・ユー/ホイットニー・ヒューストン」
最優秀アルバム 「ボデイガード/オリジナル・サウンドトラック」
最優秀楽曲 「ホール・ニュー・ワールド/ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベル」
最優秀新人 「トニー・ブラクストン」
Zooropa
Zooropa/U2
U2の前作「アクトン・ベイビー」の続く通算9作目のアルバムで初登場1位でチャート・イン。「ナム」「レモン」など前作以上にエレクトリック・サウンドを多用し、「アクトン・ベイビー」の続編的な内容に仕上げられています。特に「ナム」は今までの彼らのサウンドにない実験的な作品。「ワンダラー」には今は亡きカントリー界の大御所ジョニー・キャッシュのデュオも聴く事が出来ます。
1993年7月24日 2週間
200万枚(1993年認定)
Zooropa
Black Sunday
Black Sunday/Cypress Hill
 ロサンジェルス出身の3人組(ラッパーのB・リアル、セン・ドッグとDJのマグスの3人)、1991年に「サイプレス・ヒル」でデビュー。「ブラック・サンデー」は彼らのセカンド・アルバムです。作品のプロセスは「マリファナ合理化推進の立場を取り、それに関した作品が多い」とライナーに記述。対訳で確認した所、我国には考えられない事がたくさん書かれていました。(昔だったら放送禁止でしょうネ。そして、行動に移していたら即逮捕ですヨ)また、作品全体が似た寄ったリズム・サウンドで、私は彼らの良さが分からないです。前回も書きましたが、言葉の壁&アメリカに於いての時代背景・・・。よく分からない。(理解する必要もないけどネ)
1993年8月7日 2週間
300万枚(2000年認定)
Black Sunday
めぐり逢えたら
Sleepless in Seattle
/Soundtrack
 ご存知、トム・ハンクスとメグ・ライアンによるラブ・ストーリー。妻を亡くし立ち直れない建築家、そんな父を心配して8歳の息子がクリスマス・イヴにラジオの人生相談で、それを聞いた女性記者。やがて運命的な出会いを・・・。
 映画の挿入歌でもある「めぐり逢えたら・愛のテーマ/セリーヌ・ディオン&クライヴ・グリフィン」を筆頭に、ナット・キング・コール、ドクター・ジョン、リッキー・リー・ジョーンズ、カーリー・サイモン、ジョー・コッカーなど豪華アーティストのラブ・ソングを聴く事ができます。また、この作品で、トム・ハンクス、メグ・ライアン、そしてセリーヌ・ディオン、その後の活躍で誰もが認めるスーパー・スターへ。
1993年8月21日 1週間
400万枚(1996年認定)
めぐり逢えたら
River Of Dreams
River Of Dreams/Billy Joel
 初登場が1位という彼にとって初の経験になった通算15作目「リバー・オブ・ドリームス」、82年にリリースされた「ナイロン・カーテン 7位」寄りのメッセージ色(混とんとしたこの時代の対する失望や警告)の濃い内容になっています。したがって、アルバム全体が重く、そして暗い印象を享けた作品です。
 シングル・ヒットしたアフリカン・テイストのゴスペル風「ザ・リバー・オブ・ドリームス」はとても好きな作品でジャケット・イメージに描かれているように、哀しみや苦しみはあるけれと生きていると言う事は困難をのり越えて行かなければならないと言うメッセージ・ソングです。
1993年8月28日 3週間
TOP10ソング
「The River Of Dreams」 3位
500万枚(2001年認定)
River Of Dreams
In Pieces
In Pieces/Garth Brooks
 通算6作目でまたしても初登場1位を記録、これまでのようにビリー・ジョエル、リトル・フィートといったポピュラーなアーティストの作品はカバーしていませんが、バラエティにとんだ内容になっています。
 一昨年の「アカデミー・オブ・カントリー・アワード」で史上初の6部門を受賞、その後リリースされたアルバムもすべて大ヒット、ポップス・チャートで6枚(この時点で)をランク・インするという快挙を成し遂げました。
1993年9月18日 5週間
800万枚(1998年認定)
In Pieces

BACK INDEX NEXT
ホーム 64-69 1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977
1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987
1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997
1998 1999 2000 プロフィール Links What's New 掲示板 別館

Last updated: 2004/4/27