1988

第31回(1988年度) GRAMMY AWARD
最優秀レコード 「ドント・ウォリー・ビー・ハッピー/ボビー・マクファーリン」
最優秀アルバム 「フェイス/ジョージ・マイケル」
最優秀楽曲 「ドント・ウォリー・ビー・ハッピー/ボビー・マクファーリン」
最優秀新人 「トレイシー・チャップマン」
Roll With It
Roll With It/Steve Winwod
 弱冠16歳のスティーブ・ウインウッドは1964年にスペンサー・デイヴィス・グループの一員としてデビュー。その後、デイブ・メイスンらとトラフィックを結成。74年解散後、いくつかのセッションをこなし77年にソロとしてデビュー。81年にはシングル「ユー・シー・ア・チャンス 7位」がヒットしました。
 ソロ第5作「ロール・ウイズ・イット」でアルバム・シングル共にナンバー1に輝き、60年代のR&Bをベースに渋めなソウルフルなサウンドとマルチ・プレーヤーぶりを発揮、前作のアルバム「バック・イン・ザ・ハイ・ライフ 3位(86年)」同様、彼の代表作です。
1988年8月20日 1週間
TOP10ソング
「Roll With It」 1位
「Don't You Know What The Night Can Do ?」 6位
200万枚(1988年認定)
Roll With It
Tracy Chapman
Tracy Chapman/Tracy Chapman
 オハイオ州クリーブランド生まれのトレイシ・チャップマン。黒人ではありますが、70年代のジョニ・ミッチェルや同時期のスザンヌ・ヴェガといったフォーク・ソングを歌うアーティストです。愛・孤独・人種問題他、メッセージ色の強い作品が収められています。
 アコースティック・サウンドで彼女の特長的な歌声が強烈に印象に残る作品です。
 
1988年8月27日 1週間
TOP10ソング
「Fast Car」 6位
600万枚(2001年認定)
Tracy Chapman
New Jersey
New Jersey/Bon Jovi
 80年代後期は、空前のハード・ロック・ブーム(ヘビメタ系)。一時期はアルバム・チャートのトップ10の半分を独占した事もありました。グラミー賞に「ヘビィ・メタル部門」が設立されたのもこの頃です。
 アルバム・タイトルが「ニュージャージー」は彼らのホーム・タウンである全米東部の州の名前を使用、前作同様、彼らの魅力でもあるライブ・バンドにふさわしい、ノリの良いロックン・ロールを原点にした作品や力強く熱唱したバラード作品と幅広いサウンドを聴かせてくれています。
 ちなみに、1988年10月15日のトップ10です。
1位「ニュージャージー/ボン・ジョヴィ」、2位「アパタイト・フォー・ディストラクション/ガンズ&ローゼス」、3位「ヒステリア/デフ・レパード」、4位「カクテル/サウンドトラック(2)」、5位「トレイシー・チャップマン/トレイシー・チャップマン」、6位「メタル・ジャスティス/メタリカ(6)」、7位「シンプル・プレジャーズ/ボビー・マクファーリン(5)」、
8位「ロール・ウィズ・イット/スティーブ・ウインウッド」、9位「キック/インエクセス(3)」、10位「Faith/ジョージ・マイケル」。
 こんな時代もありました。
 トップ20以内に、シンデレラ、ヴァン・ヘイレン、ポイズン、チープ・トリック、ヨーロッパといった名も見る事ができます。
※( )の数字は最高位です。
1988年10月15日 4週間
TOP10ソング
「Bad Medicine」 1位
「Born To Be My Baby」 3位
「I'll Be There For You」 1位
「Lay Your Hands On Me」 7位
「Living In Sin」 9位
700万枚(1996年認定)
New Jersey
Rattle And Hum
Rattle And Hum/U2
1988年11月12日 6週間
 彼らの通算7枚目のアルバムは、同タイトルのドキュメンタリー映画のサウンドトラック盤です。内容は前作「ヨシュア・トゥリー」のツァーのライブ音源と新録の計17作品が収められています。プレスリーで有名なメンフィスのサン・レコードなどで録音された新曲は、ボブ・ディラン、B・B・キングなどの豪華なゲストが参加し、話題を呼びました。
 ビートルズの「ヘルター・スケルター」を取り上げて演奏、ジョン・レノンの代表曲「ゴット」を捩った「ゴット・パート2」(しっかりジョン・レノンとクレジット)とビートルズ・ファンにとってはたまらない物があります。
 
TOP10ソング
「Desire」 3位
500万枚(1995年認定)
Rattle And Hum
Giving You The Best That I Got
Giving You The Best That I Got
/Anita Baker
 アニタ・ベイカーと言えば、86年のアルバム「ラプチャー 11位 500万枚」とシングル・カット「スウィート・ラヴ 8位」がヒットし、一躍トップ・アーテイスト仲間入りを果しました。
 ジャズ的要素を適度にちりばめたオーソドックスな音作り、伸びやかな歌声とモダンな雰囲気に落ち着いたサウンドが聴く側の心を癒してくれます。前作同様、オシャレな作品です。
1988年12月24日 4週間
TOP10ソング
「Giving You The Best That i Got」 3位
300万枚(1989年)
Giving You The Best That I Got

BACK INDEX NEXT
ホーム 64-69 1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977
1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987
1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997
1998 1999 2000 プロフィール Links What's New 掲示板 別館

Last updated: 2004/4/27