1984

第27回(1984年度) GRAMMY AWARD
最優秀レコード 「愛の魔力/ティナ・ターナー」 
最優秀アルバム 「オール・ナイト・ロング/ライオネル・リッチー」
最優秀楽曲 「愛の魔力/グラハム・ライル&テリー・ブリッテン」
最優秀新人 「シンディ・ローパー」
Footloose
Footloose
/Soundtrack
 ケニー・ロギンスのタイトル・ソングが大ヒット。このサントラから、ボニー・タイラー、カーラ・ボノフ、サミー・ヘイガー(のちにヴァン・ヘイレンに参加)、デニー・ウイリアムス(78年に「涙のデュエット 1位」がヒット)などバラエティに富んだ顔ぶれが参加している。
 「パラダイス〜愛のテーマ/ラバー・ボーイのマイク・レイとハートのアン・ウィルソン」はこのアルバムの中でいちばん好きな曲です。
1984年4月21日 10週間
TOP10ソング
「Footloose/Kenny Loggins」 1位
「Let's Hear It For The Boy/Deniece Williams」 1位
「Almost Paradise...Love Theme From Footloose/Mike Reno& Ann Wilson」 7位
900万枚(2001年認定)
Footloose
Sports
Sports
/Huey Lewis & The News
 ヒューイ・ルイス&ニュースはおそらく80年代最高のロックン・ロール・バンドでしょう。前作「べリ・エリアの風 13位」の「ビリーブ・イン・ラブ 7位」がヒットし、世間の注目を浴びるようになり、このアルバムから多くのシングルがヒットしたお蔭もあって念願の1位に輝きました。(発売からおよそ8ヶ月かけての1位)
 ソウル、カントリーと幅広い音楽性と積極的に他人の作品をカバーする柔軟な姿勢が彼らの魅力です。ヒューイの個性のある歌声は迫力があって素晴らしいです。
1984年6月30日 1週間
TOP10ソング
「Heart And Soul」 8位
「I want A New Drag」 6位
「The Heart Of Rock Roll」 6位
「If This Is It」 6位
700万枚(1987年認定)
Sports
Born In The U.S.A.
Born In The U.S.A.
/Bruce Springsteen
 「ザ・リバー 1位」とこのアルバムの間に、アコースティック・ギターとハーモニカだけの自宅録音の「ネブラスカ 3位」が発売され、これにはファンはビックリさせられた。しかし、このアルバムは、再びE・ストリート・バンドを従え、実に3年9ヶ月ぶりの録音となる。
 このアルバムからのシングル・カットは、ほとんどトップ10にランク・インされた。ミスターUSAのイメージを強く感じさせる作品となった。
1984年7月7日 7週間
TOP10ソング
「Dancing In The Dark」 2位
「Cover Me」 7位
「Born In The U.S.A.」 9位
「I'm On Fire」 6位
「Glory Days」 5位
「I'm Goin' Down」 9位
「My Hometown」 6位
1500万枚(1995年認定)
Born In The U.S.A.
Purple Rain
Purple Rain
/Prince & The Revolution
(Soundtrack)
 デビュー当時から注目されたプリンス、そんな彼を前作「1999 9位」で知りました。そして、人気を不動にしたのがプリンス初出演の同名映画「パープル・レイン」です。前作はリック・ジェームズ風のファンキーな曲が中心でしたが、これは完全なるロック・アルバムです。
 このアルバムから2曲のナンバー1ソングが生まれました。そう言えば「You」を「U」と書くようになったのもこの頃です。アルバム、シングル両方とも初回プレスは紫(パープル)でした。 
1984年8月4日 24週間
TOP10ソング
「When Doves Cry」 1位
「Let's Go Crazy」 1位
「Purple Rain」 2位
「I Would Die」 4 U」 8位
1300万枚(1996年認定)
Purple Rain

BACK INDEX NEXT
ホーム 64-69 1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977
1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987
1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997
1998 1999 2000 プロフィール Links What's New 掲示板 別館

Last updated: 2004/4/27