1980

第23回(1980年度) GRAMMY AWARD
最優秀レコード 「セイリング/クリストファー・クロス」
最優秀アルバム 「南から来た男/クリストファー・クロス」
最優秀楽曲 「セイリング/クリストファー・クロス」 
最優秀新人 「クリストファー・クロス」
 
 
Glass Houses
Glass Houses/Billy Joel
1980年6月14日 6週間
 「ストレンジャー」「ニューヨーク52番街」とヒットし、ソフトなイメージが強く付いてしまったが、この作品で、完全にそのイメージを打破、全編がロックン・ロールで埋め尽くされ、前作にはないエネルギッシュな作品に仕上げられている。
 それにしても、意味ありげなジャケットやオープニングでのカラズの割れる音といい、よく計算づくされている。また、「ドント・アスク・ミー・ホワイ」のような過去のイメージをのこした作品も含まれている。
 
TOP10ソング
「You May Be Right」 7位
「It's Still Rock And Roll To Me」 1位 
700万枚(1994年認定)
Glass Houses
Emotional Rescue
Emotional Rescue
/Rolling Stones
 アナログ盤は大型ポスター・ジャケット(縦およそ150センチ、横およそ60センチで両面)でとてもこっていた。
 レコーディングはバハマのナッソーとパリ、スタジオ・ライブ的な感覚があって、荒削りなラフなサウンド作り。ミックのファルセット・ボイスがセクシーなタイトル・ナンバーを除くと他の作品はパットしないが、それでもストーンズなんだと許してしまう。
1980年7月26日 7週間
TOP10ソング
「Emotional Resucue」 3位 
200万枚(2000年認定)
Emotional Rescue
Hold Out
Hold Out
/Jackson Browne
 シンガー・ソングライターとしてあまりにも有名だった彼が、76年発売の「プリテンダー 5位」、78年の「孤独のランナー 3位」と立て続けにヒット、そして、初のナンバー1・アルバムに輝く。本作はかっての夫人、リン・スウィニーに捧げられたもので、ラブ・ソングが全編を飾る。
 イーグルスのデビュー・シングル「テイク・イット・イージー」は彼らとの共作であるのは有名。
1980年9月13日 1週間
200万枚(2001年認定)
Hold Out
The Game
The Game/Queen
 1972年、イギリスで結成されたロック・グループ、75年発売のシングル「キラー・クイーン 12位」がアメリカより先に本国で大ヒット、また、「ボヘミアン・ラプソディ」は76年に9位、92年(サウンド・トラック、フレディの追悼)に2位と2度チャート・イン、今でも根強いファンは多い。
 本作品は、前作に比べて、ハードな面は減少しよりポップス色の強い作品に仕上げられている。個人的には「オペラ座の夜 4位」「ジャズ 6位」あたりが代表作だと思う。フレディ・マーキュリーがエイズで91年末に亡くなったことを付け加えておこう。
1980年9月20日 5週間
TOP10ソング
「Crazy Little Thing Called Love」 1位
「Another One Bites The Dust」 1位
PLATINUM(1980年認定)
The Game

BACK INDEX NEXT
ホーム 64-69 1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977
1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987
1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997
1998 1999 2000 プロフィール Links What's New 掲示板 別館

Last updated: 2004/4/27