1978

第21回(1978年度) GRAMMY AWARD
最優秀レコード 「素顔のままで/ビリー・ジョエル」
最優秀アルバム 「サタデー・ナイト・フィーバー/ビー・ジーズほか」
最優秀楽曲 「素顔のままで/ビリー・ジョエル」 
最優秀新人 「ア・テイスト・オブ・ハニー」
 
 
Don't Look Back
Don't Look Back
/Boston
 76年、「幻想飛行 3位、1600万枚(1997年)」で衝撃デビューを果たし、彼らにとって2枚目のアルバム。前作同様に雄大なスケールと斬新なサウンドでの構成は当時のファンを魅了した。ジャケットのストーリー性も実にインパクトがあった。その後、次作までに8年間も待たせることになる。
1978年9月16日 2週間
TOP10ソング
「Don't Look Back」 4位
700万枚(1996年認定)
Don't Look Back
Living In The U.S.A.
Lining In The U.S.A.
/Linda Ronstadt
 今やスタンダード・シンガーの彼女がポップス・シンガーとしてもっとも充実していた頃の秀作。彼女にとっては通算3枚目のナンバー1アルバムである。アメリカ的白人ながら、黒人のR&R,R&Bを数多くカバーし、前作とはまた違った雰囲気の作品に仕上げられている。
 チャック・べリーの「バック・イン・ザ・USA」、スモーキー・ロビンソン&ミラクルズの「ウー・ベイビー・ベイビー」、そしてドリス・トロイの「ジャスト・ワン・ルック」をシングル・カットし、いずれも大ヒット。
1978年11月4日 1週間
TOP10ソング
「Ooh Baby Baby」 7位
200万枚(1997年認定)
Living In The U.S.A.
Live And More
Live And More
/Donna Summer
 アメリカでも本国でも実際にナンバー1ディスコ・スターの評価を受けるドナ・サマーの初のライブ・アルバム。レコード時代は2枚組みでDサイドがスタジオ録音。
 この好セールスのよりシングル「マッカーサー・パーク」も初めて第1位に輝いた。この作品以降の数年間は出す曲出す曲すべて大ヒットし一時代を築いた。
1978年11月11日 1週間
TOP10ソング
「MacAtthur Pack」 1位
「Heaven Knows」 4位
PLATINUM(1978年認定)
 
 
 
Live And More
ニューヨーク52番街
52nd Street
/Billy Joel
 彼を一躍スターダムにのし上げた前作「ストレンジャ−2位」は、全米で900万枚以上の売り上げを記録。また、「素顔のままで 3位」は、グラミー賞最優秀ソングを獲得している。しかし、この作品で彼の初めてナンバー1になった。内容は前作の延長線上で、出身地であるニューヨークを舞台に,様々な人間模様を描き出している。サウンド面はエリック・ゲール(スタッフ)、シカゴらの参加で厚みを増し、ロック色も徐々にだが出てきている。
1978年11月18日 8週間
TOP10ソング
「My Life」 3位
700万枚(1994年認定)
ニューヨーク52番街

BACK INDEX NEXT
ホーム 64-69 1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977
1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987
1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997
1998 1999 2000 プロフィール Links What's New 掲示板 別館

Last updated: 2004/4/27